読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クライアントとの打ち合わせ中にノートパソコンを使うとアウト!

とりわけコンピュータの業界でありがちな風景。

クライアントとの打ち合わせで、おもむろにノートパソコンを広げる担当者がいます。コンピュータの業界の営業の場面では、頻繁に見る風景です。実は、私、こういったノートパソコン担当者を全く信用することがでません。

確かにノートパソコンを利用しながら、打ち合わせすれば、不明点などを即座に調べることができて大変に便利です。(あくまでもノートパソコン担当者にとってですが)ノートパソコンを広げている担当者本人は見れば、「わからないことでも即座に答えることができるオレって優秀!」とでも思っていて、クライアントも大満足と考えているのかもしれません。

しかし、このようなノートパソコン担当者は本当に優秀なのでしょうか。少なくとも私が見てきたノートパソコン担当者は、自己主張が強いわりにはコミュニケーション能力が足りてない方が多かった気がします。

私なりの推測ですが、、、ノートパソコンを打ち合わせに取り出すのは、自信の無さの表れではないのかと思います。クライントの話についていけなかったらどうしようとか、わからないことがバレると軽蔑されるのではないかなどの不安がノートパソコンを取り出すという行為に現れているだと思います。

そもそも、クライアントとの打ち合わせは、素手と素手との真剣勝負の場であります。お互いが持っている情報を、出したり隠したりしながら話を進めていくのです。ノートパソコンを取り出すという行為は、素手の勝負で凶器を使うのと同じ行為です。アブドラ・ザ・ブッチャーのごとく、情報優位という鋭いフォークでテリー・ファンクの腕をメッタ刺しにする姿は、まったくもって美しくないのです。

と、言うことで、打ち合わせでこちらの顔も見ずに、ノートパソコンをいじりながら話す担当者は、こっぴどく怒るか出入り禁止にしても構いません。「打ち合わせは真剣勝負の場だ!」と言ってもポカンとしているのなら、そもそもその会社はいい仕事をしませんので、即、取引を切って問題ありません。

ちなみに社内のミーティングは、積極的にノートパソコンを持って行きましょう。ミーティング中の不明点や確認事項は、どんどんググって、とっとと打ち合わせを終わらせてしまうのがベストです。

生産性を積極的に上げるべき社内ミーティングと、クライアントと積極的にコミュニケーションを取るべき打ち合わせの場を同じではないのです。もちろん、クライアントのプレゼンするときは堂々とノートパソコンを取り出して構いません。コミュニケーションを取るべきときにノートパソコンを取り出すのは論外だよね。