機械との競争/エリック・ブリニョルフソン

私が1990年に所有していたパソコンのスペックは、メモリ容量が1Mバイト、ハードディスク容量が20Mバイト、モデムの通信速度が2400bpsでした。現在、所有しているパソコンのメモリ容量は8Gバイト、ハードディスク容量は1Tバイト、通信環境はフレッツ光ネクストで、通信速度(下り最大)が1Gバイトです。

約20年で、メモリ容量は4千倍の増加、ハードディスク容量は52万倍の増加、通信速度は44万倍高速化されています。
毎日少しずつ環境が変化していると、変化の大きさに気がつくことはありませんが、20年まとめて振り返ると、その変化の大きさに驚かされます。

コンピュータは私たちが仕事をする上で欠かせないものですが、私たちの仕事を奪うライバルという捉え方も出来るのです。現に多くの業務は、人の手からコンピュータに置き換わっています。これからもコンピュータで置き換え可能な業務は増えてくるでしょう。

本書のテーマは、「コンピュータの進化で消失した雇用は取り戻せるのか?取り戻せるならば、どのような方法があるのか?」です。

チェス盤の法則

私たち現代人は、コンピュータの進化によって雇用消失の影響を受けています。しかし、毎日少しずつ変化しているので、雇用減少したという実感がありません。そして、縮小した雇用市場で多くの人材が職を奪い合っています。コンピュータの進化が続く限り、雇用減少の流れは激しさを増します。
本書は、コンピュータの進化は、さらに進むと予言します。そして、その進化は爆発的に加速するそうです。筆者は、この爆発的に進化する過程を「チェス盤の法則」と呼んでいます。

チェス盤を発明した男が王様にチェス盤を進呈したことろ、王様はたいそう喜んで好きな褒美を取らせる約束をしました。男は、最初のマス目に一粒のコメ、二つ目のマスにその倍の二粒のコメ、3つ目のマスはさらにその倍の四粒・・・最後飲ますまでコメを置いてそのコメの合計を賜りたいと申し出たそうです。

王様はたやすこととだと承知したが、実際には、倍、倍とただ置いていくだけで、米粒は途方もない量になった。最終的には、米粒の数はニの六十四乗マイナス一粒になったのである。これは、積み上げればエベレスト山より高い。一杯食わさたことに原を立てた王様はオトコのクビを刎ねてしまった。

最初は、微小な増加でも積み重ねていくと、突如として爆発的に増加する瞬間が発生します。コメ粒はチェス盤の真ん中に来多段階から、爆発的の増加して行きました。コンピュータの進化もその過程にあり、今まさに「チェス盤の真ん中」に位置しているのです。
この2〜3年で、クラウドの一般化、ビッグデータの進歩、スマートフォンの一般化、常時接続の低価格化が一気に進みました。この流れは、爆発的に加速し、わたし達の仕事も消失していくのです。

貧富の差は広がるのか

私たちの仕事は、ただ減少するだけではありません。持つものと持たざるものの格差も拡大していきます。本書では、3つの視点から持つものと持たざるものの比較をしています。

対決その1)「スキルの高い労働者」対「スキルの低い労働者」

スキルの低い労働者は、今後さらに苦戦を強いられます。

技術革新の結果、高いスキルを持つ労働者に対する相対的な需要が高まる一方で、スキルの低い労働者に対する需要は減少し、場合によっては途絶えている。

対決その2)「スーパースター」対「ふつうの人」

ここで言うスーパースターとは、ミュージシャン、スポーツ選手、大企業の経営者などを指します。

たった一人の人間の才能や知見や意思決定が、一国の市場を支配することも可能になっている。いや、それどころではない。グローバル市場を支配することもありうる。その一方で、優秀ではあっても偉大ではないライバルは、自国市場からさえ押し出される羽目に陥っている。

一部の才能のある人にチャンスは限りなく広がっているが、失敗すると容赦なく落とされる。大変に非情です。

対決その3)「資本家」対「労働者」

資本家は持つ資金で労働者を雇用し、労働者から作り出される製品で富を生み出していました。これまでは、資本家と労働者が持ちつ持たれつの関係を保っていました。