読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良い戦略、悪い戦略/リチャード・P・ルメルト

本書で書かれていることは、ドラッカー理論(思想?)の焼き直しである。ドラッカーの著書を読み込んでいれば、本書は読む必要がないだろう。

ただ、本書はドラッカー本の副読書として役に立つ。ドラッカーの著書は、事例について深く踏み込んだ記述が少ないが、本書は多くの事例を掲載している。従って本書内の何を意図しているかが曖昧な主張は、続く企業事例を読むことで、何を意図しているかが理解できる。

本書でいうところの良い戦略とは、カーネル(核)がしっかりしている戦略を指す。カーネルとは、「現状診断」、「基本方針の設定」、「一貫した行動」の3つ。カーネルを規定し、その規定に行動することで期待した結果を得ることが出来る。

カーネルの策定にあたっては

  • 自身の強みに特化し
  • 問題点を正確に見極め
  • 新しい価値を創造し
  • 近い目標を設定し
  • リソースを集中し
  • 無理な成長戦略を立てない

という注意が必要である。
(簡潔にまとめると、やはりドラッカー理論だ)

良い戦略の例として、3DグラフィックチップのトップメーカーNVIDIAの事例が掲載されている。マーケットが存在しないところから、ニーズを掘り起こし、他を寄せ付けない地位に昇るまでのNVIDIAの戦略に関する記述は、有用な情報である。