読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿な民衆党のつくづく腹がたった話

ここまで民主党は馬鹿で腹黒いのか。
今日開催予定だった決算行政監視委員会の小委員会の流会は、本当に腹が立つ出来事であった。民主主義の国家でこんな暴挙が許されていいはずがない。

NHKニュース

復興予算検証の小委員会 流会に

東日本大震災の復興予算が関連性の薄い事業に使われているという指摘を受けて、衆議院決算行政監視委員会は11日、小委員会を開いて質疑を行うことにしていましたが、多数を占める民主党が出席せず流会になりました。(以下略)

流会までの経緯は、自民党河野太郎氏のブログに掲載されている。
衆議院決算行政監視委員会の小委員会流会の経緯
この記事を読むと最初から小委員会は開催する意志はなかったようである。

なぜ復興予算は流用されたのか?
政府は国民にしっかりと説明をする必要がある。それを拒否するとは言語道断としか言いようがない。
民主党議員は、未曾有の地震で困っている人々を見殺しにするだけではなく、地元でいい顔をして臨時予算を腹黒い連中だということがハッキリした。

ここまで来ると呆れればかりはいられない。
私達ができることは、一日も早く臨時国会の開催を訴え、赤字国債発行法案などの懸案となっている法案を可決させること。

法案が可決したら解散総選挙だ。

地元の民主党議員がどんなに良い人であっても、民主党の議員に投票してはならない。民主党には一議席たりと渡してはならないのだ。

前回選挙で民主党に投票してしまった自分に腹がたって仕方がない。そう思っているのは私だけではないはずだ、この3年でわたし達国民は多くのものを失ったけど、その分賢くなっているはずだ。

もう失敗は許されない。

以下に決算行政監視委員会民主党所属委員を記しておく。

階 猛(岩手1区)
玉木 朝子(比例北関東ブロック
松本 大輔(広島2区
向山 好一(兵庫2区)
稲富 修二(福岡2区)
小野塚 勝俊(埼玉8区)
岡田 康裕(兵庫10区)
奥野 総一郎(千葉9区)
神山 洋介(神奈川17区)
阪口 直人(和歌山2区)
辻 惠(大阪17区)
野木 実(比例北関東ブロック
初鹿 明博(東京16区)
松岡 広隆(比例近畿ブロック
宮崎 岳志(群馬1区)
村井 宗明(富山1区)
森岡 洋一郎(埼玉13区)
森本 和義(愛知15区)
柳田 和己(比例北関東ブロック
吉田 統彦(比例東海ブロック
伊吹 文明(比例近畿ブロック

委員の多くは当選回数の少ない新人議員である。党の取り決めで渋々欠席を決断した議員もいたのかもしれない。だた、国会議員たるもの党議より国を第一考えるべきなのではないか。

国より党、党より自分の選挙を重要視するような輩は、そものも国会議員を志すべきではない。