読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ロジカル3兄弟」でロジカルコミュニケーションを!

ビジネスでコミュニケーションをとる目的は「相手の行動を変えること」です。
作業を手伝って欲しい、自社商品を購入して欲しいなど、相手の行動を自分の意向に変えてもらうこと。
相手に正しく自分の意向を伝えるには、論理立てて自分の意見を相手に伝える必要があります。
以下は、 高橋政史著の「すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術」で紹介されている「ロジカル3兄弟」というメッセージの伝達法則です。
論理的にメッセージを伝えるという行為は、難しく考えてしまいますが、「ロジカル3兄弟」を使うことで、とても簡単にできるのです。

長男  ー 1メッセージ

長男の「1メッセージくん」は、伝えるべきメッセージをいつも一つにしぼります。
相手に結論を伝えるときは、長男の「1メッセージくん」を利用しましょう。
例えば、「この本のメッセージはずばり”バナナを食べるとやせられる”と言うことだよ」

次男 ー 2W1H

相手にメッセージの説明をするときは、次男の「2W1Hくん」に登場をお願いしましょう。。
「2W1Hくん」は、何が(What)、なぜ(Why)、どのように(How)の3つをまじえて説明します。
例えば、「この本は何(What)について言っているかというと”バナナを食べて痩せる”方法を教えてくれる。なぜ(Why)バナナを食べるとやせられるかというと・・・・・、で、何をすればいいか(How)というと・・・・・」

三男 ー 3つで答える

説明しなければいけない話が、複雑だったり、説明範囲が広かったりする場合は、三男の「3つで答えるくん」の知恵を拝借します。
「3つで答えるくん」は話す内容の主題を3つのポイントを絞ります。
例えば、「この件のポイントは3つあります。一つ目は、、、、、二つ目は、、、三つ目は、、、」

「メッセージの伝達は1・2・3の3兄弟」というフレーズで覚えておきましょう。