これからの時代を生き抜くために読みたい本

昨年の震災以降、日本の行く末に大きな不安を感じているのは、私だけではないでしょう。
私たちは、これからの時代をどのように生きていけば良いのでしょうか。

・政局ばかりに気をとられ本来の機能を見失った政治
・グローバス化の波に流されないよう延命に腐心する大企業
・スポンサーの意向で動き、事実を報道しないマスコミ

護送船団方式で、輝かしい未来を見ていた過去の日本は、既に幻と消え去りました。
これからは、自らを守る教養を身につけ、政治や企業に頼らない生き方をしなければなりません。

学校では教えてくれない新しい時代を生き方を示す本をいくつかピックアップしました。
不安を感じているが、何をして良いのかわからないという方に参考になればと思います。

今どうあるべきなのかを知る

今、私たちのまわりで何が起こっているのか?
その中で、私たちは何を求め、何をすれば良いのか?
その答えを導くためのヒントを見つけましょう。

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい

自分を変える

今までの自分に訣別し、自らを奮い立たせましょう。

【携帯版】思考は現実化する

【携帯版】思考は現実化する

7つの習慣―個人、家庭、社会、人生のすべて 成功には原則があった!

7つの習慣―個人、家庭、社会、人生のすべて 成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームス・J.スキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る

働くとは何かを考える

働くとはなんなのでしょうか?
お金を稼ぐため?世の中の役に立つため?

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

プロフェッショナルの原点

プロフェッショナルの原点

会社とは何かを考える

会社は私たちにとってどのような存在なのでしょうか。
私たちは会社の中でどのような役目を持っているのでしょうか。

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

論理的思考を身につける

漠然と答えを導くのではなく、きちんと考えて行動する癖をつけよう。

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

心のありかを見つける

健全な心がこれからの時代を生き抜く最大の武器です。

「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)

会社に雇われない生き方を模索する

大会社で働くことだけが幸せになる方法ではありません。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

働く勇気をもらう

働いていると、自信を失ったり、働く意味を失ったりすることがあります。
そんなときに奮い立たせてくれる2冊です。

小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか

自らの頭で考え、自ら率先して行動するものがこれからの時代を生き抜くことができるのです。
賢く強く生きましょう。