読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないと落ちこぼれる「科目別・勉強本」ガイド

「一生にうちに経験から知り得る知識には限界がある。だから、第三者の経験を読書から得るのだ」
これは、読書が必要な理由でもっとも語られる理由です。
自身の仕事の幅を広げるため、「よしっ!今日から読書をするぞ!」と思っても、何から読んで良いかがわかりません。

良い知識を身につけるには、良い本との出会いが必要です。
2010年8月30日号の「プレジデント」で経営コンサルタント小宮一慶さんが、ジャンル別に仕事で役立つ書籍を紹介しています。
これから、ビジネスについて勉強をするぞという方は、是非とも参考にしてください。

知らないと落ちこぼれる「科目別・勉強本」ガイド

感想

多くの書籍を世にださている小宮さんだけあって、定番本といわれているものだけではなく、専門的な分野の入門書から、心のよりどころとなる本まで、幅の広い選書になっています。
読むひとによっては、難易度が高そうだなあと思う本もあるかもしれません。難しいなあと思う本は、無理して読まずに「これなら読めそう」という本を選んで読んでいけばいいと思います。
難しいと思える本も、知識が広がれば難しく感じなくなる時期が来ます。

PRESIDENT (プレジデント) 2010年 8/30号 [雑誌]

PRESIDENT (プレジデント) 2010年 8/30号 [雑誌]