思考は現実化する/ナポレオン・ヒル

【携帯版】思考は現実化する

【携帯版】思考は現実化する

「思考は現実化する」は、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの要請で、筆者ナポレオン・ヒルが20年もの歳月をかけて成功とは何かを記した書籍である。
人間の深層心理と成功の関連性を体系化し、多くの国で翻訳され出版から80年たった現在でも読まれている定番中の定番ビジネス書である。

成功の定義

成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自らに価値ありと認めた目標【願望】を、黄金律に従って一つひとつ実現していく課程である。
(注)黄金律・・・「自分がそうして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげることだ」

願望実現のための6ヶ条

  1. あなたが実現したと思う欲望を「はっきり」させること。単にお金が欲しいなどというような願望設定は、全く無意味なことである。
  2. 実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりになにを”差し出す”のかを決めること。この世界は、代償を必要としない報酬など存在しない。
  3. あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。
  4. 願望実現のための詳細な計画を立てること。そしてまだその準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に移ること。
  5. 実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。
  6. 紙に書いた宣言を、1日に2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと、このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に思い込ませることが大切である。

成功者に共通して見られる特徴は、明確な目標を設定してそれを紙に書き出していることである。

信念を強化する

揺らぐことのない信念を抱き続けるためには、繰り返し、潜在意識に命令を送り込むことが重要だ。潜在意識と結びついた思考は、似たような思考を引き寄せ信念をさらに強固なものにする。
また、否定的なイメージをもつと、潜在意識は否定的な方向に引き寄せられ、強かったはずの信念はもろく崩れてしまう。
普段より、”私はできる”と信じて疑わない心が、成功を引き寄せるのだ。

計画を実行に移すマスターマインド

計画を実行に移すには、マスターマインドが必要である。
マスターマインドとは「明確な目標を達成するための2人あるいはそれ以上の人たちによる、調和された、知恵(そして組織)と努力の協力関係」のことである。

  1. 計画を実行するにあたって、必要な人材を集め、グループを形成する(マスターマインド
  2. マスターマインドに対する報酬を決定する
  3. マスターマインドとは少なくとも、週に2回は会うこと
  4. マスターマインドと心を合わせて計画を実行する

マスターマインドに参加する人が、心から協力したいと思えるような「動機付け」が大切である。
動機付けのポイントは2つあり、ひとつは、チーム全体の動機付けを行うことである。チームが一丸となるような、共通の利益となる目標を設定する。
もうひとつは、メンバー個々への動機付けである。各人の価値観を把握し、それぞれに別々の動機付けを行う。

リーダーになるための11の条件

  1. ゆるぎない勇気を持っていること
  2. セルフ・コントロールの能力を持っていること
  3. 強い正義感を持っていること
  4. 強固な決断力を持っていること
  5. 計画性を持っていること
  6. 報酬以上の仕事をする習慣を持っていること ー 受け取る報酬以上の、質の高い仕事をすることで、”プラスアルファの魔法”が起こる
  7. 明るい性格を持っていること
  8. 思いやりと理解を持っていること
  9. 詳細を認知していること
  10. 責任感を持っていること
  11. 協調性があること

リーダーになれないタイプは2つある。1つは「言われたことしかできない人」で、もう1つは「言われたこともできない人」だ。
リーダーになるには、とにかく率先して行動を起こすことである。これをパースナル・イニシアチブと呼ぶ。

リーダーが失敗する10の原因

  1. 綿密な思考に欠けること
  2. つまらない仕事をしたくないという気持ちを持つこと
  3. 行動よりも知識を大切にしすぎること
  4. 部下の挑戦を恐れること
  5. 想像力が欠如していること
  6. 利己主義者
  7. 過激な性格
  8. 不誠実
  9. 特権の乱用
  10. 地位の誇示

忍耐力を鍛える

忍耐力は、心にひとつのちからであり、鍛えることで強化できる機能である。
忍耐力を鍛えるためには、次の8つの秘訣がある。

  1. 目標・願望の明確化
  2. 強いエンスージアム(熱意)を伴った目標実現意欲
  3. 自信 ー 自分自身の能力を信ずる
  4. 計画の明確化
  5. 正確な知識
  6. マスターマインド ー 思いやり、理解、調和のとれた協力心
  7. 意思の力 ー 目標に対して集中する心
  8. 習慣 ー 忍耐力を習慣として身につける

エンスージアム(熱意)をもつ

成功するにはエンスージアムがなければならない。
熱意は自信を生み、自発性を促進する。エンスージアムをもった心は活発になり、魅力的なパースナリティを生み出しで周りから協力を得やすくなる。
熱意を最後まで持続させるには、明確な目標設定が欠かせない。明確な目標を設定して、常に確認できる状況にしく必要がある。
エンスージアムを持つには次のように行動する。

  1. 大きな声で話す
  2. 早口で話す
  3. 強調すること
  4. 間をとること
  5. 声に笑みを込めること
  6. 話し方に変化をつけること

積極的な心構え(PMA)

富を得るには常に積極的な心構え(Positive Mental Attitude)になっている必要がある。
ところが、周囲の冷ややかな視線・反応や途中のつまづきで、消極的な心構え(Negative Mental Attitude)に支配されてしまいそうになる。
積極的な心構えは、繰り返し意識していないと、頭をもたげてくる消極的な心構えに負けてしまう。そこで、(1)否定的な考え方になったら、肯定的な考え方に置き換える。(2)プラス思考の表現を口癖にするという方法を習慣化する。

失敗を生かす

失敗したら、必ずその状況を分析する。どんな失敗にもそれに見合った、利益の種が含まれている。その種を見つけ出し、芽を出させ実を結ばせるには、目標を明確に持って積極的に独創力を働かせることである。
また、失敗にめげることなく、成功するまでチャレンジを続ける忍耐力も大切である。

【携帯版】思考は現実化する

【携帯版】思考は現実化する