とうとうiPhoneを購入してしまった、購入の言い訳を考えてみる

購入した理由

先週末、とうとうiPhone4を購入してしまった。
今までは、世の中の流れを拒否し、所持を拒んでいたのだが、「これからの中年親父にはスマートフォンが必要だ!」と思い立ち、ヨドバシカメラに向かったのである。

決心の理由は、携帯を電話として使用するケースが極端に減ってきたことにある。

パソコンがそばにない時の主なコミュニケーションは、携帯電話を利用したGmailだった。
しかし、携帯電話でのGmailの操作性はお世辞にも良いとはいえない。
それでも我慢して利用していたのであるが、今年前半に実施されたGoogle AppsのアカウントとGoogleアカウント統合で事情は一変した。
それまでは、異なるURLで利用可能だったGmailが、同一のURLに統合されてしまったのだ。
マルチログインが不可能になってしまったので、アカウントを変更する場合は、いちいちログインし直さなければならない。これが面倒で苦痛だった。

それで、スマートフォンなのだ。
iPhone4にした理由は簡単だ。
別にAndroidでもかまわなかったのだが、ドコモのお姉さんよりソフトバンクのお姉さんの方が素敵だった。それだけだ。
しかし、購入した後に気がついた。今週末に「Androidの勉強会」に参加する予定だったのだ。そう考えるとGALAXY Tabにでもしておくべきだった。あとの祭り。

何に使うのか

購入したiPhone4は32Gのホワイトモデル。ソフトバンクのお姉さんがお勧めしたとおりの商品だ。(別にブラックの16Gでもだが、、、)
今まで音楽は、iPod Touchの8Gタイプを利用していた。入れておきたい音楽が8Gでは足りなくなっていたので、必要な音楽をすべて入れておくことができる。
これだけでも、大きな前進だ。

今回の購入は「仕事でどれだけ役に立つのかを確認するため」を最大のテーマとしたい。
現在のところ、Gmailの利用での以外は全くのノーアイディア状態である。
パソコンで仕事をする際の必須ソフトウェア、DropboxEvernoteGoogleカレンダーのデータをiPhone4上で有効に活用することが、最初の確認事項になっていく。

次のテーマは、空き時間にiPhone4を利用して読書をしていくこと。
基本的に書籍を裁断するのはちょっと気が引けるので、結構、読み漏れが多い雑誌をスキャンしてEvernoteに保管していくことを考えている。

携帯との共存

今までのドコモ携帯電話は、そのまま継続して利用していくつもりだ。
ただ、もうネット端末として利用するつもりはないのでパケホーダイは解約した。docomo.ne.jpのメールアドレスは全く利用していなかったので、解約に関して特に不安はない。
iPhone4はGmailとネットブラウズ専用だ。
音声通話とデータ通信を完全に分離したということ。

これからは、携帯電話とiPhone4の2台持ちになり、さらにポケットの中が重くなってしまうが、持ち歩きに関しては邪魔にならないような工夫をしていきたい。

ファーストインプレッション



今まで利用していた旧型のiPod Touchと比較すると、かなり動作が快適になっている。
大きさは利用している携帯電話のNEC N-02Bと比較して一回り大きい程度。厚さはN-02Bの75%程度。薄さは思った以上だ。
重量はN-02Bが147g、iPhone4が137gとiPhone4の方が軽量。
持ち歩くと、結構邪魔になるのではという考えは、利用1日目で吹き飛んだ。
N-02Bは妙にバランスが悪く、胸ポケットに入れると存在感が抜群で気になって仕方なかったのであるが、iPhone4は薄いため胸ポケットに入れていても全く違和感を感じない。
これは、私的にはかなり良い。

今までiPod Touchを利用していたので、簡単な操作に関しては、今のところあまり不自由を感じない。
ただし、これからは外出している際のメールの返信は、iPhone4のタッチパネル入力となってしまう。私の太い指でうまく打っていけるのだろうか?かなり不安だ。
カットアンドペースト、カーソルの移動など入力時の不明点がたくさんある。
操作が分からずに調べたことは、このブログで逐次報告していきたいと考えている。

カッコいい中年度(当社比)

自己満足度 ★★★★★
部下の信頼度 ★★
顧客の信頼度
家族の充実度
異性の羨望度 ★★
総合カッコいい度 ★★★

男は中年親父になっても「デジモノ」を持つと心がウキウキしてしまう。家族の「無用の長物なのに・・・」という白い目や、部下の「使いこなせるのか?」という疑心の目を気にしつつも、使いこなして姿を想像して、一人納得するのであった。