正しい書評の書き方 - 差がつく読書/樋口裕一

このブログでは、私が読んだビジネス書から得た知識を中心に雑多なネタを書いています。
ネタの多くは読書から得た知識です。
書籍から得たことや気づいたことを多くの人と「共有できればいいなぁ」と考えてブログを更新しています。しかし、得た知識を正しく伝えられているのかという疑問が常に残るのです。

書評執筆フレームワークが欲しい!

ネタの多くが書籍ですから、ある程度はまともな読書感想を書けるよう、ブログを始めるにあたり、書評の書き方をずいぶんと調べました。

結局は、良い参考にとなるサンプルを見つけることが出来ずに、好き勝手に書き始めているのですが、フレームワーク(手順)大好きな私としては、書評執筆フレームワークがあるといいなと考えています。

樋口裕一氏の「差がつく読書」では、そんな私が欲しかった書評を書くための簡単なフレームワークが紹介されていましたので、簡単にまとめてみました。

200文字書評

メモ程度に読書の感想を書きたいとき、200文字程度にまとめる方法です。
字数を工夫して削れば140文字に圧縮して、Twitterに投稿することも可能ですね。

★第一部・・・・その本から得たことをずばりと書く。
★第二部・・・・第一部で書いた結論の理由を説明する。

例として「新中流」の誕生/和田秀樹の200文字書評が紹介されています。

『「新中流」の誕生』は中流崩壊の状況を否定的に捉え、新たな中流を作り出そうと提案する書だ。現実できるかどうかはともかく、一つの提案としておもしろい。
人は必ずしも金で動くわけではない、行動の動機には、名誉や生き甲斐などが大きなウェイトを占める、だから、そのような原理を復活させるべきだと和田氏は説く。
また、相続税を百パーセントにするべきだという思い切った提案もなされている、そうすることで新中流ができるという。

この程度の長さなら簡単に書けそうですよね。

長めの書評

もう少し、しっかりとした感想を書きたい場合は、次のような構成で書きます。
文字数は千文字から二千文字程度になります。

★第一部・・・・どんなきっかけでその本を読んだのか書く。「人に勧められて読んでみた」「書評を読んで挙身を持った」「図書館でたまたま見つけた」などだ。
★第二部・・・・その本の内容を簡単要約する。あるいは、最も気になった部分、最も感銘を受けた部分を示す。
★第三部・・・・その本から得たのがどのようなことか、どんなところがおもしろかったかなどを書く。
★第四部・・・・全体のまとめや、本全体についての評価。

第二部は本の内容を大まかに思い出せる程度に。200文字前後で十分。

第三部は「おもしろかった」「つまらなかった」から一歩進んで、本の文章から引用し、それについて意見を加える。

引用する箇所については「著者の主張」を中心に抜き出すと良いでしょう。
また、感想は「なるほどと思った箇所」「気になった部分」「賛成できないこと」「引用部分の具体的な体験」「著者の言葉を用いて、自分の人生を振り返る」「自分の解釈」「補足する」「真正面から反対する」「全体的な感銘度」を書いてきます。

「真正面から反対する」については、次のように検証するのがよいと樋口氏は述べています。

批判的に読むには、3WHAT3W1Hを検証することが大事だ。
3WHATとは、「それは何か(定義)」「何が起こっているのか(現象)」「何がその結果起こるか(結果)」だ。3Wとは、WHY(理由、背景)、WHEN(いつからそうなのか、それ以前はどうだったのか、つまり歴史的経過)、WHERE(どこでそうなったのか、他の場所ではどうなのか、つまり地理的状況)。そしてもうひとつ、HOW(どうやればいいのか=対策)だ。