俺の本は自己増殖する〜ザクザク増える本棚の作り方

私は月に30冊程度の書籍を購入し、20冊前後の本を読みます。
購入する書籍のジャンルは主にビジネス書です。

ビジネス書は、私にとってビジネスの師匠であり、社会を生き抜くための重要ツールです。
良い書籍から継続的に知恵を得て、活用していくことが私にとって重要な課題なのです。
以下に、良い書籍を継続的かつ経済的に購入していくための私の知恵をご紹介します。

選ぶ

私は、基本的に全ての書籍から得る知識があると考えています。私の中には駄本という考えはありません。
しかし、読み手が異なれば得たい知識は千差万別です。

Aさんにとってすばらしい書籍でも、Bさんにとっては得るものが少ないということは当然にあります。
まずは、自分にとって得たい知識が何で、得たい知識はどの書籍に書いているのかを知らねばなりません。

そこで、書籍紹介本を入手し、著者が紹介する書籍の解説から得たい知識の本を読んでみるのがよいでしょう。

■これからビジネス書を読み始める方は

世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド

世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド

■もう少し専門的な書籍が必要であれば

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100

■書店で出会う

週に一度は本屋に行きましょう。そして、時間をかけて棚を見て回りましょう。
手にとってめくってみて、「この本は読めそうだ、読みたい」と思う本があれば、迷わず購入することをオススメします。
あなたにとって、重要な一冊になることは間違いありません。

買う/借りる

全ての本を新品で買うことができれば、それに超したことはありません。
しかし、月に30冊程度購入するとなると、4万〜5万円もの金額が必要になります。

著者の方には大変に申し訳ないのですが、新刊本以外は中古本や図書館を利用することが賢い読書法と思っています。

ブックオフで105円本を買う

全国津々浦々に出店しているブックオフ
各店舗には必ずといって良いほど105円のコーナーが存在します。良書もたくさん105円で販売していますので、是非ともチェックしてみてください。
また、ブックオフほどビジネス書籍の品揃えは少ないですが、古本市場にも105円や84円のコーナーがありますので、時間があるときにのぞいてみては。

■アマゾンプライムを利用する

アマゾンプライムは、年会費3900円でお急ぎ便の送料が無料になるサービスです。
新品の書籍の送付以外にも、アマゾンプライムに登録している出品者からの中古書籍も送料無料で送ってもらうことができます。
アマゾンプライムに登録している書籍は、販売者から直送される中古本に比べるとちょっと高めですが、アマゾンより一括で送られるので、便利かつお得なのです。
アマゾンから書籍を年間10回以上注文する方は、入会をオススメします。

■LIBRONをインストールして図書館から借りる

Libron(リブロン) – 図書館をもっと身近に
LIBRONはWEBブラウザのアドインソフトウェアで、インストールするとアマゾンで書籍の詳細ページを表示すると、選択している図書館で、その本があるかどうかを表示します。

選択している図書館で、利用者登録をしておけば、WEB上から書籍の予約をすることも可能です。

メディアマーカーで管理する

メディアマーカー
メディアマーカーは、所有している書籍やこれから購入を考えている書籍を登録管理するWEBサービスです。

私は、過去に何度も同じ本を購入するという失態をやらかしています。
メディアマーカーは、携帯電話などのモバイル端末で見ることができるので、本屋にいても所有している書籍を確認することができます。

そして読む

私の頭の中には、購入したい本のデータベースが既にできあがっていて、ブックオフ古本市場で見つけると無条件に反応してしますのです。
週に2〜3回はブックオフ古本市場に行くので、気がつくと月に20冊〜30冊の書籍が増えていくというワケです。

こんなに購入しても、毎月書籍に利用する金額は新品書籍も入れて5千円前後ですんでしまうのです。