マイルドヤンキーが日本経済を救う

フランスの経済学者トマ・ピケティの「21世紀の資本論」が世界的なベストセラーになっています。発売前の日本においても一部のラジオや週刊誌等に取り上げられています。日本のおいても発売後は大きな話題になるでしょう。

本書では20カ国以上の税務統計を過去200年にわたって調査し、経済活動の変遷を検証しています。本書でのポイントは3つ。ひとつ目は「働いても投資するより儲からない」ということ、2つ目は「資産家と労働者の不平等は拡大する」ということ、3つ目は「資産家から税金を徴収する国際的な法整備が必要」ということです。

本書の主張によれば、資産家はますます資産を増やし、中産階級層はゆるやかに消滅していくそうです。この約20年、日本においても貧富の差は拡大しています。アベノミクスで景気は徐々に良くなってきていますが、今のところは給与所得の伸びはインフレ率に負けています。私たちのお金はどんどん目減りしていっているのです。

マイホームは銀行の賽銭箱

いきなり中産階級が消滅するということはないでしょうが、サラリーマンの生活レベルは年々下がっていくと思われます。ですので、自己防衛策を講じなければ家族の将来に暗雲が立ち込めてしまいます。

日本社会ではお金がかかる不思議な常識がたくさんあります。例えば、バレンタインデイにチョコを送ったり、クリスマスにケンタッキーを食べたり、、、このレベルの出費であれば笑っていられますが、笑ってはいられない常識的な出費があります。それは持ち家神話です。高度成長期にニュータウンといわれる郊外型住宅が乱立し、多くの子育て家族が銀行からお金を借りて「わが家」というステータスを購入させられました。「持ち家、それが現代のニュースタンダードです」と言われ。現代においても「持ち家=ステータス」という構図に変化はありません。

30年ローンで3000万円の借り入れを行うとします。金利が2%の場合、総支払額は約4000万円。4%で借りた場合は総額5000万円支払わねばなりません。現在は住宅ローン金利はだいぶ下がっていますが、10数年前にローンを組んだ、多くの子育て世代は3%前後で借りていることでしょう。3%の場合は総額1500万円の利子を支払う必要があります。

サラリーマンの生涯年収は3億円と言われています。家を購入すると約6分の1消費してしまうことになります。時間が経てば日本の家は修繕が必要になります。また、この頃には子どもの大学進学に頭を悩まさねばなりません。大学卒業までに必要な費用は500万円から1000万円と言われます。住宅ローンが重くのしかかってきます。

どうして私たちは貸家を敬遠するのでしょう。貸家だって持ち家だって性能は同じです。持ち家にこだわる理由は簡単。住宅メーカーや銀行にそれが当たり前のことであると刷り込まれ続けてきたからです。

住宅ローン金利は銀行の賽銭箱です。一度契約してしまえば、30年間、何も労せずお金が入ってきます。あなたは持ち家というステータスを信仰し、銀行神社にありがたく手を合わせて、お賽銭を投げづつける悲しい信者なのです。

マイルドヤンキーの登場は時代の要請

もちろん貸家でも毎月の賃貸料金を支払う必要があります。毎月の支払額だけを考えれば、持ち家も貸家も大差がない気もします。(ただ、ボーナス払いはある場合は大差がないとは言えない)持ち家の場合は利子や固定資産税、修繕費などの見えないコストを充分に考慮しなければなりません。

原田曜平氏の「ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体」が話題になっています。マイルドヤンキーとは地方に住む子育て世代のライフスタイルを指しています。

kotobank.jpによるとマイルドヤンキーとは、

地元に根ざし、同年代の友人や家族との仲間意識を基盤とした生活をベースとする若者。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーでマーケティングアナリストの原田曜平が提唱している。現代の一般的な若者の志向とされる都市部集中、車離れ、晩婚化、少子化とは異なる経済活動や行動様式を持つと定義され、仲間と同乗して車を使い、地元企業に勤めて週末は幼なじみとショッピングモールに出かけるなど、行動エリアが半径5キロメートル以内で完結するという。

・・・以下略・・・

マイルドヤンキー とは - コトバンク

マイルドヤンキーの生体で注目すべきところは、「親と同居している」というところです。親と同居することにより、マイルドヤンキーは核家族化して発生する多くの費用を親に依存(または親とシェア)しています。家計の多くを占める衣食住の「食と住」を出費を大幅に低減することができます。

同居している家が親の持ち家であれば、夢のマイホーム購入などといった、とてもバラ色とはいえない夢を見る必要もありません。

出費を低減することで、マイルドヤンキー家族は核家族ではできないプチ贅沢が可能です。ここで、プチ贅沢をできるだけ抑えて貯蓄にまわすことができれば、将来発生しうるさまざまなリスクにも耐えうる資産形成が可能です。

もともと人間は、身内で集団を作り生活をするという習性があります。古来日本では3世代住居が標準で、本家の周りには分家が住むという形態が一般化していました。

核家族化が進んだのは高度経済成長が進み、働き口を求めてひとが大挙して移転したからです。移転先には同居する親はいませんので、自活していくしかありません。大量に家が足りなくなった都心部では、住宅メーカーと銀行が悪巧みをして善良な田舎者を騙して、すぐに老朽化する家を購入させたのです。

居住地区に大きな変化が少なくなってきた現代において、家族と同居するのはDNAにプログラミングされた当然の行動です。居住地区を変えず、親と同居することにより自身の資産を守ることは、中産階級から離脱しないための自己防衛本能です。

子育て世代のマイルドヤンキー化は「21世紀の資本論」時代の要請に違いありません。


【Marxico】EvernoteユーザーのためのMarkdownエディター

Evernoteは手放せないほど重要なツールですが、エディターの使い勝手には不満を持っています。文章を入力するには必要十分ですが、細かなことろで色々と、、、です。いちばん不満なのはHTMLやMarkdownで入力ができないこと。HTMLの直接入力はできなくとも、Markdownでの入力はサポートしてほしいと思っていました。

EvernoteとMarkdownが大好きなあなたにMarxicoはオススメなエディターです。

MarxicoはMarkdown記法をサポートし、Evernoteに直接保存することができる無料のエディターです。Chrome拡張機能ですので、Chromeがインストールされている環境であれば、簡単に利用を開始することができます。Markdown記法のサポートの他にも独自の入力方式を持っています。Markdownだけでは表現できないテーブルや数式などの入力も可能です。

Marxicoのインストール

MarxicoをインストールはChromeウェブストアから行います。
Chromeウェブストアを表示し、画面左上の「ストアを検索」からMarxicoと入力してEnterキーを押します。画面右のアプリ一覧にMarxicoが表示されるので、行をクリックして詳細画面を表示します。

Marxico詳細画面

詳細画面右上の「+無料」ボタンをクリックするとインストールが完了します。

Marxicoの実行と初期設定

Marxicoのインストールが完了すると、ChromeのApps画面にMarxicoのボタンが追加されます。このボタンを押すとMarxicoが起動します。

Marxico画面

起動後最初にEvernoteとのリンクを行いましょう。画面右上の象アイコンをクリックしてプルダウンメニューを表示します。プルダウンメニュー最上位の「Link With Evernote」をクリックしてEvernoteのユーザー名とパスワードを入し、Marxicoの認証を行います。正しく認証が完了するとプルダウンメニュー最上位にリンクされたユーザー名が表示されます。

次にフォントの設定を行います。Marxicoの標準フォントは日本語入力には適していませんので、見やすいフォントに修正しましょう。画面右上の象アイコンをクリックして「Setting」を選択します。

設定画面

「Preview Font」は画面右のプレビュー表示に使われるフォント群です。CSSのFont-Familyと同じように記述しましょう。

プレビュー画面のフォント設定は以下のサイトを参考に設定しました。

「Editor Font」は画面左のエディター部で利用するフォントです。私はメイリオ系が好きなので、「Menlo,Meiryo」と指定しました。

以上で基本的な設定は終了です。

Marxicoの拡張表記

MarxicoはMarkdown記法が利用できる他に幾つか拡張された表記法があります。

Evernoteのタグ指定

EvernoteのタグをMarxicoの文書中に指定することができます。

@(ノートブック名)[タグ1|タグ2|タグ3]

@後に()内に保存するノートブック名、[]内にタグ名を指定します。タグが複数ある場合は、|にて分割します。

テーブル表記

文書内にテーブルを挿入することができます。
エディター内で、[Cmd]キーと[Opt]キー、Tキー(Macの場合)を同時押しすると以下のコードが入力されます。

| Col1 | Col2 | Col3 |
| :-------- | --------:| :------: |
|field1 | field2 | field3 |

Colと表記されたカラムにテーブルタイトル、Fieldと表記されたカラムに各項目を入力していきます。上記のコードは以下のように表示されます。

テーブル表示

ソースコード表記

ソースコードの表示を行いたい場合は、[Cmd]キーとKキーを同時押しします。
「enter code here」という文字列が入力されるので、この文字列をソースコードと置き換えます。

コードブロック

このような感じで表示されます。

最後に

Evernoteのエディター機能に不満があり、Markdownで入力がしたいという方にMarxicoはおすすめのエディターです。日本語の処理に一部不満もありますが、普通に使っている限りは、必要十分な使い勝手です。

若き男子は本書を読んでセックスしまくれ ー あまから人生相談/マツコ・デラックス

ヒトという生物は、元来クズです。
クズなくせにクズの自覚がないために大きな悩みを抱えることになるわけです。
悩みを手放す唯一の方法は、自身のクズ認定しかありません。だけど、自分がクズだなんで微塵にも思わないことが、ヒトの人生をドラマティックにする原因だったりもするのです。

マツコ・デラックス著の「あまから人生相談」は、クズな女性からの人生相談にマツコ女史がお答えするという一冊です。
本書は、レディースコミックの連載が書籍化されたものです。なので質問の送り主は、当然レディースコミックの読者です。ですから、その質問のクズっぷりは半端ありません。

例えばこんな感じです。

  • 見栄っ張りで借金してママ友におごります。もう、借金で首が回りません。どうしましょう?(37歳主婦)
  • 彼の借金を立て替えたけど、また借金をしています。このままでは結婚できません。どうしましょう?(38歳)
  • ママ友ができません。どうしましょう?(33歳)
  • 彼氏がいるけど、他の男性ともセックスしまくりたい。どうしましょう?(29歳OL)
  • 彼氏の存在を話したら、同僚の女性に嫌がらせをされます。どうしましょう?(32歳会社員)

などなど、、、

ヒトの悩みなんてものは、ほとんどがテンプレート化されていて、「私はとても良い人なのに、あいつがクズ過ぎてどうにもなりません。どうしましょう?」です。本書の悩みの大半もこのテンプレート通りです。

で、マツコ女史の解答なのですが、バッサバッサと斬りまくるという展開を期待して読むと、案外そうではなくて少し肩透かしを食らってしまいます。
西原理恵子の「生きる悪知恵」的な解答を期待して読む方は、かなりの物足りなさを感じてしまうでしょう。
「生きる悪知恵」は、解答の実用性よりも、エンターテイメント性に重きをおいて書かれていますが、「あまから人生相談」は実用性の高さに重きをおいている印象です。

マツコ女史はニューハーフですので、かなりの差別や迫害を受けて生きてきたはず。ですから、突き放した解答をしている時でさえも、質問者が心に傷を負わない言い回ししています。そんな配慮が物足りなさの原因でもあるのですが、質問者は真剣に悩んでいて、マツコ女史は真剣に解決しようという姿勢が好感度大です。

例えば、「彼氏がいるけど、セックスしまくりたい」という質問の女性には、次のように回答しています。

こうした性に奔放に生きる女性は、そうしたくてもできない男性に糾弾され、女性からもジェラスの対象になりやすく、それ相当の覚悟が必要なのよ。つまりは、社会的に安定しながら、一方で奔放な性生活も楽しみたいということは、図々しい、虫が良い話ということ。
手当たり次第ヤりまくっている女は、一見快楽を貪っているだけにも見えますが、その裏にある虚無、刹那、慟哭を忘れちゃダメよ。それでも、色に生きる気持ちを抑え切れなくなったら、茨の道に進みましょう。

ヒトは欲望と理性の間を行ったり来たりして生きていきます。心に揺れがある時は欲望に大きく触れそうになります。
ヒトは元々がクズですし、さらに元を手繰れば、我々はケモノですから、欲望のままに生きることを止めることはできません。ただ、欲望に生きた時は、本人にはそれなりの苦痛も与えられるのです。苦痛が与えられることを理解できてないから苦しむわけです。

いや〜、ヒトって本当にクズですね。

本書は「生きる悪知恵」を読んだけど「何の役にも立たん!」と思った方にオススメです。多くの若き女性が抱く悩みはきっと本書にあるし、心が楽になる解答も本書にはあります。
煩悩、差別、ゲスな彼氏(夫)にお悩みの方は、是非ともご一読を。

それではさようなら。

この先はキモオタ専用

あと、モテない男性諸氏にも読んでいただきたい。
本書を読むと、それなりに女性という生き物が理解できます。若い男子が思う以上に、女性は誰かに頼りたくて、ステキなセックスしたいと思っています。
逆に言えば、頼り甲斐があってステキなセックスをしてくれそうな風体であれば、モテモテ確定ということなのですよ。

どんなに美人でも、心の蓋を開ければ、異臭を放つ悩みやコンプレックスが満載なのです。
ただ、お前らみたいなクズなキモオタには、フタの中身を絶対に公開しないだけ。

「あんな美人が、、、」などと、外見ばかりに気を取られているから、お前らはモテないんです。ゲームばっかりやってないで、外に出て手当たり次第ナンパしまくれ。
間違ってもソーシャルネットワーク上の偽りの自分を使ってネットナンパをしてはなりませんよ。

傷ついたっていいじゃん。だってクズなんだから、、、美人には罵詈雑言を言われ放題なのがデフォルトなのです。マイナススタートのデフォルト値をインクリメントし続けてオーバーフローさせやがれってんだ。

そして、女子の話をしっかりと聞いて、心の叫びをしっかり受け止めるのです。
女子の心の叫びを受け止められるようになったら、お前らクズなキモオタはモテモテ男子に大変身できます。

自分がクズだと思えれば女子に対して、とても優しくなれるのですよ。クズなくせして第三者に威圧的な態度をとってはいけません。もちろん相手もクズだということも、深く心に刻んておく必要もあります。

そしたら、日本の少子化問題は一気に解決。
経済面は心配しなくても絶対に大丈夫!我らが安倍首相がきっと解決してくれすはずです。きっと、たぶん、、、

なので、本書を若き男性の必読図書に認定します。

キモオタ諸君、それではさようなら。